ネットワークビジネスアフィリエイトとの違い

ネットワークビジネスとは、人と人のつながりによって製品の流通を発生させていくという、「連鎖販売取引」のことです。

ネットワークビジネスは、その流通形態に大きな特徴があります。問屋や卸を通さず、メーカーから直接消費者に商品を流通させる仕組みがネットワークビジネスの特徴でありメリットなのです。

そして、その流通を起こしたディストリビューターには、製品の流通量に応じた報酬を得られるシステムです。

一方のアフィリエイトは、インターネットを使った広告手法として登場しました。スポンサー企業の製品やサービスをブログやサイトで紹介して、見込み客がそのアフィリエイターのアフィリエイトリンクから商品を購入すると報酬が発生する仕組みです。

インターネット市場に限定した広告手法ですが、「紹介する」という意味ではその仕組みはネットワークビジネスと同じです。

企業側にとっては、実際に売上が出てから、広告掲載者に成功報酬を支払えばいいし、売上に応じて支払い額が決まるため、リスクが低く極めて費用対効果の高い広告手法です。

アフィリエイトの収入は単発収入

紹介者に対して売上げに応じた紹介料を支払うという仕組みは、ネットワークビジネスアフィリエイトの共通点と言えるでしょう。

しかし、大きく違う点は、アフィリエイトの報酬は売り上げが発生した時の一回きりですが、ネットワークビジネスの場合は、あなたの紹介でビジネスを始めた人が新たな顧客を紹介するとあなたにも報酬が入って来る、つまり一回の仕事に対して複数回の収入が得られることです。

つまりアフィリエイトで継続して収入を得るためには、常に新規開拓が必要となります。

これがけっこう大変で、ブログやサイトを量産したり、メルマガを発行したり、常に売れる商品の情報を仕入れたりと、巷で宣伝されているほど楽な商売ではありません。

実際に2014年の統計が示すところでは、月に3万円以上の収入を得ているアフィリエイターの割合は3.3%でという結果が出ています。月に5,000円以上の収入を得ているアフィリエイターの割合で見ると11.7%です。

アフィリエイターの敵は孤独感

現実はかなり厳しいですね。

やはり、ずっと継続して作業を続けていくには、それなりの根気が必要なことはもちろん、アフィリエイターは常に孤独なのでモチベーションを維持していくのは大変なんでしょうね。

初回の収入だけで終るアフィリエイトに対してネットワークビジネスの収入は、ダウンラインの購入が続く限りエンドレスで報酬が発生します。

購入を止めない限り収入が続くので、権利収入と呼ばれています。もちろん、ダウンラインの方が購入を停止すると、あなたの収入もストップしますので、製品は高品質でリピートオーダーが期待できる消耗品がいいでしょう。

またネットワークビジネスはコミュニケーションビジネスであり、チームプレーであると言われていますので、アフィリエイターにありがちな、孤独でモチベーションが維持できないといったことも起こりにくいです。

そして、インターネットで集客するネットワークビジネスなら、もっとも大変な集客の部分をブログやサイトがやってくれます。集客の際には、見込み客と顔を合わせたり電話したりして、セールスする必要はないのです。

ここはアフィリエイト等のネットビジネスと同じですね。

しかし、ブログやサイトを作る時、記事を書いていく時、ビジネスの運営をしていく際には、アップラインやチームメンバーのアドバイスやサポートを無料で受けることができます。

アフィリエイターがこのレベルのサポートやノウハウを得るために、ネット塾に入ったら数十万円は取られるでしょう。

インターネットで集客するネットワークビジネスがいかに優れたビジネスモデルであるか理解できますね。



semina-2.jpg

この出会いがすばらしい機会になればいいですね!

人生を変える扉

  • ここで入力いただいた個人情報は、webセミナー参加目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をwebセミナー参加目的以外で利用することはありません。



a:1291 t:3 y:3