耐久消費財か?消耗品か?

ネットワークビジネス製品は耐久消費財と消耗品のどちらが向いているのでしょうか?

色々な意見があるとは思いますが、私はネットワークビジネスには、消耗品の方が向いていると思います。

それほど高額でなく、製品自体に特徴があり、他の競合製品と差別化しやすいものがいいでしょう。

購入時にローンを組ませるような高額商品は論外です。

そんな高額商品を販売するには高度な営業力が欠かせませんし、たとえあなたが販売できたとしても、あなたのダウンが販売するのは難しいでしょう。

その上、このような高額商品では、リピートオーダーも期待できません。仮にあなたなあなたのダウンが優れた営業力を持っていて何とか販売できたとしても、リピートがないために常に新規客を開拓していかなければなりません。

これではいつまでたっても労働収入のままです。ネットワークビジネスの醍醐味である権利収入の域に達するには高額な耐久消費財では困難です。

そのような無理なビジネスモデルが、被害者を出しネットワークビジネス(MLM)自体の評判を落としているのです。

権利収入を目指すのであれば、価格がリーズナブルで毎月リピートが発生するような消耗品を選ぶべきなのです。

このような繰り返しの消費が、継続した流通を生み、組織が安定するからです。

継続した流通を生み出すためには当然のことながら、提供される製品やサービスの質が一番重要な問題となります。他社が真似のできないような高品質の製品であり、そして特許によってその品質が守られていれば言うことはありません。

確かなクオリティを持った製品を提供できれば愛用者が増え、それが日常使われる消耗品なら、そこに繰り返しの需要が生まれます。

しかし、これが耐久消費財となると、いくら製品の質がよくても、一人の人の購入は一回かぎりです。

耐久消費財は高額の場合が多いので、確かに1回の販売で大きな利益を生むことはできるでしょうがリピートオーダーはほとんど期待できません。

高額な耐久消費財では継続した流通は生み出されないのです。

だからこそ、私はネットワークビジネスを始めるのなら比較的低価格で高品質の消耗品を扱う会社を選ぶべきだと考えるのです。

例えば、洗剤・シャンプーやリンス等の日用品、際立った特徴があり、他の競合製品と差別化しやすいサプリメント健康食品等がベストです。

自分でも継続してその製品を愛用し、そのよさを人に伝えて愛用者になっていただく。これがネットワークビジネスのあるべき姿なのです。

ネットワークビジネス権利収入を得るためには、まず自分が製品の愛用者にならないことには始まりません。そして口コミで製品のよさを伝えていくことでネットワークを構築していきます。

口コミが苦手な人は、今ならインターネットで伝えていく方法もあります。

インターネットで集客するネットワークビジネスなら、人と会ったり話したりする必要がないので、人付き合いの苦手な人でも、成功する確率は、人付き合いが得意で営業力のある人と比べても遜色はありません。


semina-2.jpg

この出会いがすばらしい機会になればいいですね!

人生を変える扉

  • ここで入力いただいた個人情報は、webセミナー参加目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をwebセミナー参加目的以外で利用することはありません。



a:2043 t:1 y:0