キャッシュフロークワドラント

あなたはキャッシュフロークワドラントという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

「金持父さん、貧乏人父さん」で有名なロバート・キヨサキ氏が提唱するキャッシュフローの概念です。

キャッシュフロークワドラント

クワドラント(Quadrant)とは直訳すると「四半部」という意味であり、収入の得方や働き方の4つの異なるタイプを表しています。

Eは、Emploee(従業員)
Sは、Self-employed(自営業)
Bは、Business owner(ビジネスオーナー)
Iは、Invester(投資家)

を、それぞれ表しています。

まず、左側のクワドラント(従業員と自営業)の特徴は労働に対して収入が1回のみ発生することが特徴です(労働収入)。

あなたがお金のために働いている状態です。

それに対して右側のクワドラントは(ビジネスオーナーと投資家)は収入が発生するシステムを所有することより、複数回の収入が発生することが特徴といえます(資産収入)。

お金や他人があなたのために働いている状態です。

Eクワドラント(従業員)は多くの人が属しています。

具体的には会社員、公務員、勤務医、勤務弁護士などです。株式公開されている企業の社長もここに含まれます。労働を提供してから収入を得るまでの時間が一番早いことが特徴ですが、本人が働かないと収入はストップしてしまいます。

Eクワドラントの実に90%が自分が好きなこと、得意なことかではなく、労働条件や福利厚生を考えて仕事を選んでいると言われています。

Sクワドラント(自営業者)は自分でお店をやっている人、中小企業の経営者、開業医、開業弁護士などです。労働をすることで収入を得るという意味ではEと同じですが、自分が働いた分だけ収入が増えていくことが大きな違いです。

本人が働けない時には一切収入がない、基本的にはすべて一人でこなさなければならないことが特徴です。

Bクワドラント(ビジネスオーナー)はシステムを所有することにより収入を得ている人です。具体的には、会社・お店のオーナー、フランチャイズ権のオーナー、ネットワークビジネスで組織を持っている人、特許やライセンスを持っている人などです。

他人があなたのために働いている状態です。

特徴はそのシステムが成功してはじめて収入を得られるようになるということです。しかし、一度システムが稼働するようになれば、本人が動かなくてもそのシステムから複数回の収入を得られることです。

Iクワドラント(投資家)はBと同じくシステムの所有から収入を得るモデルです。不動産から家賃・テナント料収入や株・債権・貯金から配当を得る人などです。

Iクワドラントはまさにお金に働いてもらって収入を得るモデルと言えるでしょう。

このモデルもBクワドラントと同様、投資が成功して初めて複数回の収入を得ることができます。

大事なことはキャッシュフロークワドランは、あくまでもキャッシュフローの性質によって分けられたものであって、職業そのものの分類ではありません。

例えば、あなたが会社の社長だったとします。

あなたが3か月間会社を空けて海外旅行に行ったとしたら、3か月後に帰ってきたとき会社はどうなっているでしょうか?

会社が無くなっているようでしたら、あなたはSクワドラント、即ち自営業者です。

会社は存続していても、あなたの席が無くなっているようでしたら、あなたはEクワドラントに属する雇われ社長です。

会社が存続していて、あなたの席も確保されているようでしたら、あなたはBクワドラントのビジネスオーナーということです。

情報起業家やアフィリエイターも個人でやっているレベルではSクワドラントの自営業者です。つまり本人が働かないと収入がストップしてしまいます。

人を雇って会社組織にし、自分が働かなくても収入が入ってくる仕組みを作り上げれば情報起業家やアフィリエイターでも立派なビジネスオーナーです。

ネットワークビジネスはBクワドラント?

ネットワークビジネスはどうでしょうか?

実はロバート・キヨサキ氏本人もビジネスオーナーになる最も簡単でリスクの低い方法としてネットワークビジネスを推奨しています。

ネットワークビジネスも始めたばかりでダウンラインが1段目か2段目までしかいない段階では、まだまだダウンラインを教育する必要があります。

つまり、自分が働かないと収入は途絶えてしまいます。

この段階ではSクワドラントかもしれません。

しかし、3段目、4段目とダウンができ、それぞれの教育が済んで自立していった後はBクワドラントのビジネスオーナーと言えるでしょう。

ファイナンシャルフリーとなって経済的自由を得るためには、左側のEやSではなく、右側のBかIを目指さなければなりません。

他人やお金があなたのために働いて収入をもたらしてくれる状態です。

単に会社の社長になるだけではダメです。

自分が長期間海外旅行に行っている間でも、会社がスムーズに回るシステムを構築しないとビジネスオーナーとは言えません。

ネットビジネスでも自分で働いているうちは、Sクワドラントです。

会社組織にして自分がいなくても収入を生み出す仕組みを作る必要があるのです。

ネットワークビジネスでも、自分が動かなくても組織が収入を生み出す段階まで行かないとBクワドラントとは言えません。

ただ、リアルビジネス、ネットビジネスのその他の方法に比べるとネットワークビジネスがBクワドラントへの最短距離と言えるのではないでしょうか。

特にインターネットで集客するネットワークビジネスなら、集客のためにやることはネットビジネスとほとんど変わりません。

友人知人を勧誘する必要もなければ、セミナーに参加する必要もありません。

人と会う必要もなければ、電話する必要さえありません。

販売型ではなく購買型 のビジネスモデルですので従来のネットワークビジネスのように在庫を抱える必要もありません。

集客はすべてインターネット上で完結するのがインターネットで集客するネットワークビジネスなのです。


インターネットで集客するMLM成功webセミナー

このホームページは特定のネットワークビジネスを推奨するものではありません。

ネットワークビジネスが21世紀型の健全なビジネスとして広く普及して

正しい地位を確立して欲しい!という思いで作っています。

  • 以下からお申込み頂くと、インターネットで集客するwebセミナーで、私たちが展開しているリスクなしのネットワークビジネスの仕組みを無料でご案内いたします。

semina-2.jpg

この出会いがすばらしい機会になればいいですね!

人生を変える扉

  • ここで入力いただいた個人情報は、webセミナー参加目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をwebセミナー参加目的以外で利用することはありません。



a:562 t:1 y:1