本物の権利収入構築法

ネットワークビジネスで権利収入

私はかつてアフィリエイターであり、情報起業家でした。
(一応今でも現役です^^)

数々のネットビジネスを志す人たちとも交流を持ちアドバイスもしてきました。

ですので、インフォ業界の内情にはある程度精通しています。

経済的自由を手に入れよう!」

「寝ている間にパソコンが稼いでくれます!」

「あっという間に月収100万円!」

「秒速で稼ぐアフィリエイト!」

「情報起業で印税収入!」

・・・

こんなキャッチコピーに踊らされて、次々とリリースされる情報商材に手を出しては、

「やっぱりダメだった」

「詐欺商材だった」

「セールスレターは嘘ばっかり!」

と言ってあきらめては、また別の商材に手を出す…

こんな人を何人も見てきました。

中には、何とかがんばってある程度の収入を得ることができた人もいます。

アフィリエイト・情報起業のほかにも、ヤフオク・せどり・ドロップシッピング・輸入販売などなど…。

しかし、私は問いたいんですが…

たとえ、ある程度の収入が得られるようになったとしても、

それであなたは理想の生活が手に入りましたか?

思った通りに稼げていますか?

答えがYesならば、この先を読む必要はないでしょう。

しかし、私の知る限りでは、この問いにYesと答えられる人は1%にも満たないのが現実です。

どの手法にしても、今はある程度ノウハウが確立されています。

にもかかわらず、セールスレターで謳っているように

「稼げるようになった!」

経済的自由を手に入れた!」

と言う話は滅多に聞きません。

少々稼げるようになった人でも、そうなる前より忙しそうにしている人ばかりです。

経済的自由を手に入れて人生を楽しむどころか、収入は不安定になり、忙しさは倍増。

これらの手法で「お金」と「時間」の両方を手に入れられたのは、本当に上位1%にも満たないのです。

では、なぜそんなにも理想と現実とのギャップが大きいのでしょうか?

99%の人が経済的自由を手に入れられない理由

そもそも、ネットビジネス云々より前に知っておくべき事実があります。

それは「収入」の種類についてです。

実は、収入には大きく分けて2つのタイプがあります。

1つは『 労働収入

働いた分に対してのみ対価が得られる形の収入です。

まさにお金を稼ぐために働いている状態です。

サラリーマン等の給与所得者や自営業者などの収入はこちらに当てはまります。

もう一つは『 権利収入

これは労働収入とは違い、お金を稼ぐためではなく、収入を生む資産を作り上げるために時間を費やします。

そして、一度資産を作り上げてしまえば、そこから長期にわたって継続的に、あなたが何もしなくても自動的に収入が入ってきます。

そういった“自動的に入ってくる収入”の事を権利収入と言います。

株の配当、預金の利息、不動産の賃貸収入などがこれに当たります。

成功者と凡人、その働き方の違い

ロバート・キヨサキ氏は著書の中でこう述べています。

貧乏人はお金のために働き、金持ちは資産構築のために働く

金持ちと貧乏人、言い換えれば、成功者と凡人は、働き方に対する認識がまったく違うのです。

経済的自由のために始めたネットビジネスなのに、なぜか労働から解放されることはない…

稼げば稼ぐほど、ますます忙しくなる…

稼げないのに忙しい…(号泣)

あなたが、お金を稼ぐために働いているのならば、まずはそのマインドセットから変える必要があるのです。

「お金」と「時間」の両方を手に入れたいのなら、権利収入を増やしていくしか方法はありません。

労働収入は、収入が増えれば増えるほど、それに比例して忙しくなるので、稼げば稼ぐほど自由な時間がなくなるのです。

ですので、経済的自由を手に入れて精神的にも物質的にも豊かになるためには、権利収入を増やす方法を考えないといけません。

アフィリエイトや情報起業等のネットビジネスは、不労所得、つまり権利収入だと喧伝している情報販売者もいますが、それは事実ではありません。

ネットビジネスの収入は労働収入!?

ネットビジネスの収入は労働収入だと言われればほとんどの人が意外に思うかもしれません。

例えば…

サイトアフィリエイトの場合

サイトアフィリエイトは常にASPの最新情報に注意しておき、必要があれば所有サイト内の広告を貼り替え、なおかつどんどんサイトを量産していかなければいけません。

しかも、グーグルのアルゴリズムが変わる度に最新の情報を仕入れてSEO対策しないといけません。

終わりの無い労働が延々と続くのです。

メルマガアフィリエイトの場合

メルマガはある一定割合で必ず解除されるものです。

ですので、いつまでも読者を増やし続ける努力が不可欠です。

読者を楽しませるコンテンツを書き続け、そして読者の購買意欲を刺激するようなライティングスキルを学び続ける必要があります。

メルマガの配信を止めれば、たちまち収入はストップしてしまいます。

情報起業の場合

ひとつの商材が永遠に売れ続けることはありませんので、大抵の情報起業家は一発屋で終わってしまいます。

一発屋で終わりたくなければ、常に新商材を作ってリリースし続ける必要があります。

ですので、労働から解放されることはありません。

せどりやヤフーオークションの場合

これらはいつまでも商品を仕入れ続け、出品作業を行い続け、売れれば売れるほど顧客対応や配送作業は多くなっていきます。

自分が働くことを止めれば、たちまち収入はストップしてしまいます。

上で例としてあげたものは、いずれも「これをやれば経済的自由が得られてハッピーリタイヤ!」みたいなキャッチコピーでノウハウが販売されています。

しかし、その正体は上記のようなもので、やれば多少は稼げるかもしれませんが、結局どれも労働収入であって、働くことを止めれば収入はストップしてしまうのです。

しかも、これらのビジネスは年々参入者が増えており、市場はまさに飽和状態に近づいています。

これらの市場は完全に成熟期に入ったと言っても過言ではありません。

1%に満たないスーパーアフィリエイターやカリスマ起業家が、99%の収益を独占し、残り1%の収益を99%のその他大勢で分け合っている。

そんな構図が出来上がってしまっているのです。

こんな激戦区に素人が今さら参入しても勝ち目はありませんよね。

素人でも勝算のあるネットビジネスとは?

では、もうこれからネットビジネスに参入して収益を上げ、権利収入を生むシステムを構築していくことは不可能なのでしょうか?

答え)十分可能です^^

従来型のネットビジネスでは難しいと言っているだけであって、参入する市場さえ間違わなければ、これからでも、収益を上げて、権利収入を生むシステムを作り上げ、1年後、3年後、5年後に経済的自由を手に入れることは決して難しいことではありません。

あなたは、わざわざレッドオーシャンに飛び込んで無益な競争をする必要はありません。

ライバル達が気付かないうちに、権利収入を生み出すシステムを、今から築き上げることができるのです。

アフィリエイトでもない、情報起業でもない、ドロップシッピングでもなければせどりやヤフオクでもない…

その次世代のネットビジネスと呼ばれる、まったく今までになかった資産構築に最適なビジネスモデルとは…

インターネットで集客するネットワークビジネスです。

現在は、まだアフィリエイトや情報起業に比べるとマイナーなビジネスモデルですが、情報に敏感なアフィリエイターや情報起家が静かに続々と参入し始めています。

未成熟で成長途上にあり、今まで培ってきたネットビジネスのスキルがフルに生かせるビジネスモデルです。

従来のネットビジネスのような労働収入ではなく正真正銘の権利収入を得るためのビジネスモデルです。

私自身、アフィリエイターであり情報起業家です。

かつては最大手ASPのランキングベスト10に入ったこともあります。

しかし、現在ではアフィリエイトや情報販売にはそれほど力を入れていません。

その必要がないからです。

この次世代のビジネスモデルでしっかりと権利収入を生むシステムを築き上げれば、誰だって現在の仕事を引退することができるでしょう。

この私のように。

アフィリエイトや情報販売を主な収入源としていたときは、確かに一時的に大きな金額を稼ぐことはできましたが、その収入の不安定さから、いつも将来に不安を抱えていました。

「この商材が売れなくなったらどうしよう」

「またグーグルのアルゴリズムが変わったらどうしよう」

「広告単価が上がって採算が合わなくなってきた…」

このように心の休まる時がありませんでした。

しかし、インターネットで集客するネットワークビジネスに出会ってからは、そんな悩みからはすっかり解放されました。

さらに、このビジネスモデルの収入は一度システムを構築してしまえば自動でお金が入ってくるので、やればやるほど収入だけでなく自由な時間も増えていき、念願だった海外移住まで果たすことができました。

私はこのビジネスモデルに出会ったおかげでビジネスだけではなく人生そのものが激変してしまったのです。

しかし、多くの人はいまだに労働収入型のネットビジネスを、権利収入型だと信じて、競合ひしめくレッドオーシャンで頑張り続けています。

スーパーアフィリエイターやカリスマ起業家に果敢に戦いを挑んでいるのです。

私の目から見れば、勝ち目がないとわかっている戦いを勝てると信じて戦い続けているのです。

何も自らそんな勝ち目のない戦いを挑むためにレッドオーシャンに飛び込んでいくことはありません。

まだ、ほとんどの起業家が気付いていない数少ない

「勝てる市場」

レッドオーシャンではなく

「ブルーオーシャンの市場」

そして、本物の権利収入を生むシステムを構築できるビジネスモデル。

それがインターネットで集客するネットワークビジネスなのです。

でもネットワークビジネスって評判悪いよね!?

あなたもネットワークビジネスに関する悪い評判を聞いたことがあるかもしれません。

ネットワークビジネスをやっていると、

友達を失くすとか、
買い込みを強要されるとか、
在庫を抱えて破産するとか…

残念ながらネットワークビジネスに関する評判ってこんなネガティブなものも多いですね。

ネットワークビジネスが嫌われる本当の理由って分かりますか?

ネットワークビジネスが誤解される最大の理由・・・

それは従来のネットワークビジネスの勧誘方法に問題があったのです。

従来の口コミネットワークビジネスのオーソドックスなビジネスの進め方は、

  • 友人知人を100人リストアップ
  • リストアップした友人知人に片っ端から電話でアポ取り
  • 会ってくれた友人知人をセミナーやABCに勧誘
  • セミナーやABCでリーダーやアップがビジネスに勧誘

まず最初の段階で100人も友人知人をリストアップできる人なんてそうそういません。

普通20人~30人程度が限度でなないでしょうか。

それでも頑張って小学校や中学校の卒業名簿まで引っ張り出してきて何とかリストアップして、次々に電話していっても…

まともに話を聞いてくれる人なんているはずもなくことごとく玉砕…

上位1%未満と言われているネットワークビジネスの成功者を除けば、ほとんどの人がこんなところではないでしょうか。

口コミの限界です。

つまり口コミの勧誘では、ネットワークビジネスの成功率は極めて低いということです。

友人知人の数なんて誰でも限界があります。

つまり見込み客の数が限られていると言うことです。

熱心に何度も勧誘すれば煙たがられますし、次第に人間関係も悪くなり、ついには友人を失います。

見込み客が限定的で、しかも成約率の低いビジネスは成功する確率も低い。

当たり前ですよね。

余程営業力があるとか、豊富な人脈を持っているとか、特殊な能力を持った人や、恵まれた環境に置かれた人なら口コミで勧誘していっても成功できるかもしれません。

しかし、普通の人にとっては、口コミのネットワークビジネスで成功者となることは、とても厳しいというのが現実なのです。

ネットビジネスとネットワークビジネスの融合

  • ある程度努力して組織を築けば、あとはほぼ自動操縦で権利収入を得ることができる。
  • 個人が低資本で副業から始めても巨万の富を築くことができる。

これらのネットワークビジネスのメリットは確かに魅力的です。

しかし、成功確率が低いと言うことが従来の口コミネットワークビジネスの欠点でした。

これらのこれらのネットワークビジネスのメリットを100%享受できるにも関わらず、知り合いをリストアップすることなく、そして電話勧誘することなく展開できるビジネスモデル。

それを可能としたのがインターネットで集客するネットワークビジネスなのです。

もうネットワークビジネスに興味のない友人知人を勧誘するのはやめましょう。

そんなことをやっても煙たがられるだけです。

たとえ見ず知らずの人であっても、ネットワークビジネスに興味のある人を集客した方がはるかに効率的です。

友人知人だけだと見込み客の数は限定的ですが、見ず知らずの人を対象とすれば見込み客は無尽蔵です。

見ず知らずの人、しかもネットワークビジネスに興味を持っている人をどうやって集めるのか?

インターネットで集客するネットワークビジネスならそれが可能です。

インターネットを使えば世界中の人を対象として集客することができるし、あなたが寝ている間も、テレビを見ている間も、旅行に行っている間も、サイトが営業マンとして集客してくれるのです。

ネットワークビジネスは、今やアフィリエイトや情報起業のようなネットビジネスとして取り組むことができる時代となったのです。


Topteam
Topteam

TopTeam概要はこちらから

真逆の成功法則

  • このホームページは特定のネットワークビジネスを推奨するものではありません。
  • この業界に携わる皆様の成功と業界の地位向上を願う思いから製作しています。


a:10029 t:107 y:44