FAXDMで集客

FAXDMの活用方法

インターネットが普及している現在、インターネット集客ではサイトやSNS、そしてメールを使っで集客する手法が主流です。インターネットが普及する以前は、郵便やFAXを使っていました。

広告としてポストに投函されたDM(ダイレクトメール)は、誰でも目にしたことがあるでしょう。このDMをFAXで行うものをFAXDMと言います。つまり、FAXを使うことによって相手にアプローチして集客につなげる手法がFAXDMです。

集客ツールとしてのFAXDM

なぜインターネット集客全盛の今、FAXDMなのでしょうか?

インターネットが発達する以前はFAXDMが盛んだったため、多くの人がFAXDMを駆使していました。そのため、FAXDMで大きな反応を取るのは難しかったのです。

しかし、現在では多くの人がメールなどに流れていったためにFAXDMをする人が少なくなりその結果、FAXDMが昔に比べて、反応のとれる効果的な手法に変わってきているのです。

アフィリエイト情報起業ネットビジネス集客している人の多くはネット上だけで完結しようとします。しかし、それでは全見込み客のほんの一部を対象としているにすぎません。見込み客の大部分を取りこぼしているのです。

FAXDMで集客すべき対象は見込み客です。いわゆる「今すぐ客」を探すのではありません。

興味を引くオファーで「見込み客」を集めるのです。その後、集めた見込み客に対して営業をしていきます。

インターネット集客に慣れた若い世代の人達は「今更FAXなんて」と思うかもしれません。しかし地方都市の中小企業では、経営者の平均年齢が65歳という事実を考えると、今でもFAXが大きな力を発揮していることが理解できると思います。

FAXDMのコスト

FAXDMのサービスを提供している会社は数多くありますが、だいたい1通、十数円程度です。リストをレンタルしても、1通二十数円でFAXDMを送ることができます。

郵送でDMを送った場合では印刷・封入・ラベル貼り・発送で一通あたり100円以上かかりますが、FAXDMならそのコストの5分の1~10分の1程度で集客することが可能です。

法人の新規開拓にとても有効な集客手段とされていますが、やり方によっては個人の集客にも応用できます。うまく活用すれば、メールの数倍の反応をとることもできるでしょう。

もちろん、高い反応率を得るためには小さいテストを何回も繰り返す必要があります。これを繰り返すことで完成度を高めていけば、FAXDMは集客マシーンと化すのです。

FAXDMの反応率

ビジネスの現場では、さまざまな手法を駆使することで反応をとっていき、無料セミナーの集客や資料請求に結び付けていきます。

この時、標準的にどれくらいの反応率があるかを知ることはとても重要です。これを知らなければ、結果を検証する際に間違った結論を出してしまうからです。

FAXDMを一回送ればそのうちの3~4割くらいの反応が返ってくると思っている人がいるかもしれませんが、現実はそれほど甘くはありません。

様々なデータを検証してみると、実際にはFAXDMの反応はよくて1%程度です。2~3%の反応がとれれば大成功と言えるでしょう。ちなみに、平均は0.1~0.5%程度です。この事実を知った上で集客~販売計画を立てなければなりません。

もし何も知らずに、「FAXDMを送れば高い反応が返ってくる」と思って実行した結果、まったく反応がとれなかったとしたら、失敗したと思いますよね。

しかし、送った件数が100件だったとしたらどうでしょうか?

これは明らかに少なすぎます。標準的な反応率を知っていれば、少なくとも1000件は送らないと検証できないということはわかるはずです。

このように、ある程度の標準的な反応率を知っていれば適切に検証して次に生かしていくことができます。

参考までに、メルマガの標準的な開封率は10%~20%程度で、さらにメルマガ内のリンクのクリック率は1%~2%程度と言われています。

メルマガの場合は、その執筆者のブランド力やライティング力、配信頻度等によって大きく左右されますが、大体の目安として知っておいてください。

メルマガのクリック率をFAXDMの反応率として捉えた場合、配信したメルマガの10%~20%が開封されて、そのうちの1%~2%がリンクをクリックするわけですから、メルマガの反応率は0.1%~0.4%ということになります。

FAXDMの平均的な反応率は0.1~0.5%程度ですので、それほど変わらないと思われるかもしれません。

しかし、メルマガの場合は、定期的に配信しなければならないのに対して、FAXDMの場合は一発勝負です。この事実を考慮すると、FAXDMの方がメルマガよりも効率的に高い反応率がとれると言えるのではないでしょうか。

ネットワークビジネスへの応用

ネットワークビジネスの集客にFAXDMを活用することはできるのでしょうか?

結論から言うと、

大いに活用できます!

むしろネットワークビジネスはFAXDMと相性がいいかもしれません。

実際私は、過去にFAXDMをネットワークビジネスの集客に活用したことがあります。

反応率はなんと10%を超えました。

誰もやっていないからこそ、高い反応率が得られたと言えるでしょう。

もちろん、ただ単に

「口コミでやっているリクルート活動と同じことをFAXDMでやる」
「メールで集客していたけどFAXDMに変えてみる」

といった発想ではダメですよ。

私が言いたいのは、創意工夫をすれば、集客の手段は無限に広がると言うことです。


semina-2.jpg

この出会いがすばらしい機会になればいいですね!

人生を変える扉

  • ここで入力いただいた個人情報は、webセミナー参加目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をwebセミナー参加目的以外で利用することはありません。



a:287 t:1 y:1