感情をコントロールして成功者となる

これは起業家にも会社員にも言えることですが、仕事がうまくいかない、すぐに行き詰まる、という人は自分の感情をうまくコントロールすることができていない場合が多いです。

人間は感情の生き物ですから、感情を100%殺すことは不可能ですし、マーケティングやセールスの際には、むしろ顧客の感情をうまく利用することが、いい結果を出すための有効な手段であることは周知の事実です。

しかし、「顧客の感情を利用して売る」ことと、売る側が「感情的になってしまう」ことはまったく別次元の話です。

感情を利用する方法は、また機会を改めて書くことにして、今回は自分の感情をコントロールすることの重要性についてお話しします。

まず、成功者や仕事のできる人間は、決して感情に支配されることはありません。

「顧客に怒鳴られた」
「上司に怒られた」
「他社に見込み客を持っていかれた
「支払い後にサプライヤーが雲隠れした」
「期日が過ぎても顧客からの支払いがない」
「商品がまったく売れない」

…等々、これらはすべて私が経験してきたことです。

仕事の上では落ち込むことがいくらでもありますよね。

しかし、こういった落ち込むことが起こった時にどう感じるか、どう自分の感情をコントロールするかで、あなたの未来は大きく変わってしまいます。

普通の人だったら、こんなことが起こればもちろん落ち込みますよね。仕事が手につかなくなって逃げ出したくなってしまう人もいるかもしれません。

しかし、成功者や仕事ができる人の反応はまったく違います。

彼らはどう感じ、どう行動するのか?

「なにも感じない」
「こんなことは日常茶飯事」
「仕事とはこんなもの」
「ビジネスとはこんなもの」
「商売とはこんなもの」

これが成功者や仕事ができる人の反応です。

そして淡々と問題に対応して、いつもと変わらず業務をこなします。

はっきり言って、ビジネスなんてイレギュラーの連続です。何もかもうまく回っている状態なんてあり得ません。

嫌なことがあったからといって一喜一憂していたんでは、とてもビジネスなんかやっていけないし、ましてや成功することなんてできるわけありません。

特にネットワークビジネスのような参入障壁の低いビジネスでは、こういった嫌なことが重なると、たいていの人はすぐにあきらめてしまいます。

ネットワークビジネスをあきらめる理由

  • 記事をいくら書いてもアクセスが集まらない
  • アクセスはあるのに全然反応がない
  • 反応はあっても成約に結びつかない
  • アップがサポートしてくれない
  • ダウンが動いてくれない

こんなことが数か月、数年続けば誰でも気が滅入りますよね。

しかし、こんな時にどう行動するかで成功者失敗者にはっきりと分かれてしまいます。こんな時こそ感情をうまくコントロールすべきなのです。

ネットワークビジネスの成功者と呼ばれる人達も、こんな経験は人一倍積んできたはずです。

しかし、彼らはその程度のことで落ち込んだり、あきらめたりしません。

うまくいかない原因を分析して、ひたすらトライ&エラーを繰り返すのみです。この程度のことを苦労とも努力とも思っていないのです。

むしろ壁を乗り越えることに楽しみさえ感じているかもしれません。

ネガティブな感情が芽生える隙さえ与えないのです。

もちろん、人間ですから感情を100%コントロールするのは無理でしょう。私だってできません。

しかし、このことを意識しているか、していないかの違いは大きいです。

感情に支配されるのではなく、感情をコントロールする

何よりも、いつも感情の波に翻弄されていては疲れてしまいますよね。

人生いい時もあれば、悪い時だってあります。

誤解を恐れずに言えば、ある程度開き直ることによって次へのステップが見えてくるのです。

どんなことが起こっても、感情に左右されずにやるべきことを淡々とできるようになった時、成功者へ一歩近づくことができるのです。


インターネットで集客するMLM成功webセミナー

このホームページは特定のネットワークビジネスを推奨するものではありません。

ネットワークビジネスが21世紀型の健全なビジネスとして広く普及して

正しい地位を確立して欲しい!という思いで作っています。

semina-2.jpg

この出会いがすばらしい機会になればいいですね!

人生を変える扉

  • ここで入力いただいた個人情報は、webセミナー参加目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をwebセミナー参加目的以外で利用することはありません。



a:334 t:1 y:3