ネットワークビジネスで自分年金を作る方法

現在の日本では、約800万人の高齢者が月額平均5万円程の国民年金しか受け取っていないという事実をご存じですか?

月額5万円で、家賃、食費、水道光熱費といったあらゆる生活費を工面しなければならなくなったらあなたはどうやって生きていきますか?

現状でもかなり悲惨な状態の年金制度ですが、この現状がこれから先、もっと悪くなることはあっても改善することはないでしょう。

そもそも年金とは、現役の世代が支払ったものが高齢化して定年を迎えた世代に向けて支払われるという相互扶助の制度です。

複数の若年層でひとりの高齢者を支えていくのが、オリジナルのモデルです。

まだ日本が高度成長期にあって人口も増え続けていた時代は、7~8人の若年層で1人の高齢者を支えていました。

しかし、現在では3人~4人で1人の高齢者を支えている状態です。

今後はますます、支える側は減っていき、支えられる側が増えていくことになります。

将来的には1人の若年層で複数の高齢者を支えていかなければならなくなるかもしれません。

このモデルが成立するためには、若年層の人口は常に高齢者の人口を上回って増え続ける必要があります。

若年層が減少し、高齢者の数がますます増加していく現代の日本では、存続不可能な制度であることが分かると思います。

また、昨今は医療技術の発展により、日本人の平均寿命が年々長くなっています。

つまり、日本人1人あたりに支払われる年金の総額が年々増化しているということです。

日本は世界の中でも屈指の長寿国です。

今のままの仕組みでの年金制度では、破綻するのは目に見えています。

破綻するのを少しでも遅らせるために、受給開始年齢と保険料はひたすら上がり続け、受給額はどんどん下がっていきます。

年金と言っても20代や30代の若い世代の人はピンとこないかもしれません。

しかし、現在の年齢に関わらず、準備をしておいた方がいいことは火を見るよりも明らかです。

最近よく聞かれるようになった言葉、自分年金の準備を始めておくべきなのです。

権利収入を得られる仕組みを今のうちに作っておいて将来に備えるのです。

権利収入が得られる仕組みと言えば、

  • 金利生活ができるだけの預金を用意する
  • 不動産の家賃収入で生活できるようにする
  • 印税・著作権収入で生活できるようにする

といったことが思い浮かびますが…

金利生活できるだけの預金や不動産は、富裕層だけのためのものですし、印税や著作権を得るためには、それなりの才能が必要です。

もっと普通の会社員や主婦でも手の届きそうな権利収入の仕組み作りの方法はないものでしょうか?

小資本でしかも低リスク、会社員や主婦が副業として始められて、権利収入の仕組みを作り上げることができるビジネスと言えば、ネットワークビジネスしか私は思い浮かびません。

アフィリエイトや情報起業等のネットビジネスは、小資本で低リスクではありますが、これらのネットビジネスで得られる収入は労働収入であって権利収入ではありません。

インターネットで集客するネットワークビジネスなら、ネットビジネス感覚で在宅起業できます。

しかも、リストアップして友人知人をビジネスに勧誘する必要もありません。

もちろん、起業当初は地道な作業が必要ですが、努力を重ねていけば数年後には権利収入になります。

不動産に投資するほどのキャッシュや、印税収入を得られるだけの才能がないごく普通の人にとっては、自分年金を作るベストな方法はネットワークビジネスをおいて他にはありません。


インターネットで集客するMLM成功webセミナー

このホームページは特定のネットワークビジネスを推奨するものではありません。

ネットワークビジネスが21世紀型の健全なビジネスとして広く普及して

正しい地位を確立して欲しい!という思いで作っています。

  • 以下からお申込み頂くと、インターネットで集客するwebセミナーで、私たちが展開しているリスクなしのネットワークビジネスの仕組みを無料でご案内いたします。

semina-2.jpg

この出会いがすばらしい機会になればいいですね!

人生を変える扉

  • ここで入力いただいた個人情報は、webセミナー参加目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をwebセミナー参加目的以外で利用することはありません。



a:661 t:1 y:0