格差社会

最近、社会問題として大きく取り上げられることが多くなった格差社会という言葉。

格差社会とは、ウィキペディアによると、収入や財産によって人間社会の構成員に階層化が生じ、階層間の遷移が困難である状態になっている社会のことです。

このことは、一度下層階級に落ちてしまうと、社会的地位の変化が困難、社会的地位の移動が少なく閉鎖性が強いことを意味しています。

私は、格差が広がることは必ずしも悪いことだとは思っていません。

むしろ、努力した人が報われるのは当然のことだと思います。

それが資本主義の原則ですから。

格差社会の最大の問題点は、一度格差がついてしまうと、その格差が固定してしまい、いくら努力しても挽回が不可能な社会になってしまうことです。

日本の格差社会は世界最悪!?

日本の格差社会はアメリカに次ぐ酷い惨状であり、後10年もすればアメリカを超えて世界一の格差社会になりうる可能性が高い状況だと言われたら、あなたは信じられますか?

確かに日本は、統計上、データの上では、日本はまだまだアメリカやヨーロッパ諸国のような酷い格差社会にはなっていません。

しかし、いわゆるワーキングプアと言われる、社会の底辺で働く人達の労働環境は、先進国はおろか新興国にも劣る、かなりヤバい状態になっているのです。

アメリカの著名な社会政治学者であるハーバード大学のマルガリータ・エステベス・アベ教授は、日本の格差社会の現状は欧米以上であると警告しています。

教授は福祉機能でアメリカに劣り、雇用環境で欧州以下の日本こそが、先進国で一番冷たい格差社会であるとまで言い切っています。

格差社会大国

自らを「自由の国」と標榜するアメリカ合衆国。

そのため、経済活動を無暗に規制したりすることもあまりないので、世界で最も深刻な格差社会であるとも言われています。

しかし、格差社会であるからこそ、日本よりもしっかりとした社会のセーフティネットが存在しています。

政府や民間の団体が、貧しい人々を支援する体制が日本よりは整っているのです。

また、日本と決定的に違うことは、アメリカでは富裕層が貧しい人を助けてくれることにあります。

事業で成功して、財を成した成功者は、稼いだお金の一部を社会貢献のために使うという習慣がしっかりと根付いています。

アメリカでは、お金持ちはアメリカンドリームを成し得た成功者ということで、人々の尊敬を集めます。

そのためお金持ちの人は、人々に尊敬されると共に、貧しい人を助けるべきであるという責任感を当然のこととして持ち合わせているのです。

世界的に有名な投資家のウォーレン・バフェット氏が資産の85%にあたる約374億ドルをビル・ゲイツ氏のビル&メリンダ財団に寄付したことは有名な話ですね。

日本ではこんな話はあまり聞きません。

もちろん、寄付金に対する税制の違いとかも関係しているんでしょうけど、やはり弱者に対するメンタリティーの違いが最も大きいのではないでしょうか。

富裕層が貧困層を助けるのが、お金持ちの責務であるという認識があるアメリカ。

日本にも、もちろん弱者救済の精神はあるでしょうが、それが富裕層の責務であるとまでは考えていないと思います。

それは社会保障制度に如実に表れています。

意外なことに、生活保護の受給条件は、自己責任を謳っているアメリカよりも日本のほうが厳しいのです。

ご存じでした?

アメリカでは個人に受給資格があれば生活保護を受給できます。

たとえ親が金持であったとしてもです。

生計を別にしている限りは、親は親、子は子、として別個に見られます。

しかし、日本ではそういうわけにはいきません。

家族の所得も調査されますので、家族が所得を得ていたり、ある程度の貯蓄があると生活保護を受給するのはかなり難しいのです。

いくら貧乏で生活に困っていても、親兄弟である程度の所得を得ている人がいれば、生活保護を申請しても、大抵の場合は却下されてしまうのです。

年金額が6万円程の老夫婦で、妻が要介護、生活に困窮して夫が生活保護を申請したら、自分たちの葬式代として貯金しておいた100万円があることを理由に却下された…

こんな無慈悲な実話が数多くあるのが、日本の社会保障制度の実態です。

格差社会を生き残る手段

格差社会の底辺でギリギリの生活をしている人、もしくは下層階級に転落する可能性のあるワーキングプア予備軍の人。

そういった人々が、国や会社を頼ることなく生き残っていく術はないのでしょうか。

自分と自分の家族を守っていく術は?

先の老夫婦のように、身体が動かなくなってしまってからではどうしようもありません。

そうなる前に手を打っておきましょう。

まずは国や社会保障に頼るという発想を捨てましょう。

自分自身の考え方と行動を変えるのです。

国や社会を変えることはできなくても、自分自身を変えることはできますよね。

将来に備えて、権利収入を生みだす仕組みを作っておくのです。

つまり、あなた自身がEクワドラント・SクワドラントからBクワドラント・Iクワドラントへのシフトするのです。

ビジネスオーナーか投資家になればいいのです。

「そんなお金はない!」

という声が聞こえてきそうですね。

投資家はともかく、ビジネスオーナーならお金がなくてもなる方法はあります。

金持ち父さん貧乏父さん」の著者、ロバート・キヨサキ氏が、最も低資本・低リスクでビジネスオーナーになる方法として、ネットワークビジネスを推奨しています。

ネットワークビジネスの優れた教育システムで学べば、一般にネット塾等で数十万円以上で販売されている最新のマーケティング手法が無料で学べ、一生涯通用するスキルを身に付けることができるからです。

実際にネットワークビジネスの会社やグループが提供する教育システムの中には、その教育システムだけで数十万円~数百万円の価値があるものもあります。

コンビニやカレー屋のフランチャイズに入って経営のノウハウを学ぶと、数百万円はかかります。

しかも、開業資金に最低一千万円、店舗の賃料や水道光熱費、広告費、人件費等々、毎月の経費も重くのしかかります。

しかし、ネットワークビジネス(MLM)ではそれ以上のノウハウがタダで学べ、開業資金も運転資金もフランチャイズに比べれば微々たるものです。

しかもフランチャイズでは、それだけ経費と労力をかけても成功する保証はありません。

それに比べてネットワークビジネスは、

  • 初期費用はほとんどかからない
  • 月々の会費やロイヤリティーがない
  • 在庫を持つ必要がない
  • 店舗やオフィスが必要ないので、固定費等の運営費もかからない
  • インターネットで集客するネットワークビジネスなら交通費や通信費もほとんどかからない

等など…

ロバート・キヨサキ氏がネットワークビジネスを推奨する理由がご理解いただけますよね。

ロバート・キヨサキ氏は、その著書の中でネットワークビジネスをパーフェクトビジネスと表現しています。

その理由は、単純に大きなお金が稼げるからではありません。

ネットワークビジネスは、成功者になるためのビジネススキルとマインドセットを学べるからなのです。

ネットワークビジネスは、ビジネスをやって稼ぎながら自然にスキルを学ぶことができます。

そのスキルはネットワークビジネス以外にも一生涯役立つスキルです。

そのスキルさえ身に付けておけば、たとえ無一文になったとしても、再びゼロスタートで富を築くことができるでしょう。

これだけ低コストで、生涯役立つスキルを学べる仕事が他にあるでしょうか?

ネットワークビジネスはEクワドラントやSクワドラントの人がBクワドラントに移るのにもっとも低コスト、低リスクで実現できるのです。

これからの日本は、ますます深刻な格差社会になっていくでしょう。

しかも社会保障やセーフティーネットは先進国の中でも最低レベル。

国や社会保障に頼って生きていくことはリスクが高すぎます。

ネットワークビジネスでスキルを身に付け、あなたとあなたの家族をあなた自身で守っていくことが必須なのです。


インターネットで集客するMLM成功webセミナー

このホームページは特定のネットワークビジネスを推奨するものではありません。

ネットワークビジネスが21世紀型の健全なビジネスとして広く普及して

正しい地位を確立して欲しい!という思いで作っています。

  • 以下からお申込み頂くと、インターネットで集客するwebセミナーで、私たちが展開しているリスクなしのネットワークビジネスの仕組みを無料でご案内いたします。

semina-2.jpg

この出会いがすばらしい機会になればいいですね!

人生を変える扉

  • ここで入力いただいた個人情報は、webセミナー参加目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をwebセミナー参加目的以外で利用することはありません。



a:245 t:1 y:0