パブロとブルーノ

労働収入と権利収入の違いを説明する際に、よく引き合いに出される有名なお話があります。

パブロとブルーノ

ネットワークビジネス経済的自由を目指す方なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

パブロとブルーノ」のあらすじ

ある村に、パブロとブルーノという二人の若者がいました。

二人はお金持ちになるという夢を持っています。

そこで二人は、村まで水を運ぶという仕事を得ることができました。

しかし村は山奥の中。

水がある泉までは非常に遠い場所になっています。

二人は村と泉の間を何往復もしなければいけませんでした。

ブルーノは報酬を増やすためにバケツを大きなものに変えました。

働く時間も増やしました。

しかしパブロの方は、村から泉までパイプラインをひくことを思いつきます。

ブルーノを誘ったのですが、パイプラインをひくのはかなりの年月と手間がかかるので断られてしまいます。

仕方がないのでパブロは一人でパイプラインを引くことにします。

その間収入が減ってしまうので苦しい生活を送ります。

周りの人間からも、パブロは気が狂ったとまで罵られました。

ブルーノは頑張って働いたおかげで以前より高い報酬を得ています。

しかし長い年月をかけてパブロはやっとパイプラインを完成させました。

パイプラインが稼動している限り、パブロは何もせず継続的に収入を得ることができるようになりました。

一方ブルーノの方は無理な仕事をしていたためか、あるいは年のせいか、体を壊してしまいました。

働くことができなくなったので収入がゼロになってしまいました。

現代のパブロとブルーノ

この物語を現代にあてはめると…

パブロは権利収入を生む資産を持ったビジネスオーナー、ブルーノの方は自分の時間を切り売りするサラリーマンといったところでしょうか。

会社から給料として得る収入は労働収入です。

ということは労働収入は、常に労力に対しての対価=収入をもらうということになります。

それに対して権利収入とは、自分が働かなくともお金を稼げる仕組みのことを指します。

パブロの場合は、その仕組みはパイプラインですね。

ビジネスオーナー、不動産オーナー、印税収入を得る著述家、株主などのように、収益構造を最初に築き上げることで、後々何もしなくても自動的に収入が入るシステムを構築するビジネスモデルです。

最初は大変でも一度権利収入の仕組みを構築してしまえば長期にわたって収入を得続けることができるということです。

パブロも最初の数年間は全く収入がありませんでしたが、ひたすらパイプラインを作ることに努力を続けます。

一生懸命働いているのに収入がないというのはとても辛いことですよね。

ネットワークビジネスの組織が権利収入を生む

ネットワークビジネスもこのパイプラインと同じです。

権利収入の仕組みを構築する初期段階で、場合によっては、親切心からビジネスを辞めさせようとする人も出てくるでしょう。

しかも、その人は自分にとって大切な人だったりすることもあります。

確かに一生懸命働いても収入がなければ、心配になってビジネスを辞めさせようとするのも当然かもしれません。

しかし、大事なことは、これは労働収入しか得ていない人の視点だということです。

労働収入は働いた分だけ給料が貰えます。

自分の労働力を投入した分だけ収入になるのが労働収入なのです。

一方、権利収入は、システムを構築するまでは、働いても働いても収入にはなりません。

しかし、一度システムを構築してしまえば、後は自分が動かなくてもシステムが稼いでくれます。

権利収入は、自分が引退した後も、一生涯続く年金のような収入、不労所得にもなり得るのです。

労働収入と権利収入とは根本的な考え方が違います。

もしあなたが、権利収入ビジネスで挫折しそうになった場合は、権利収入で富を築いている方にアドバイスを求めることが重要です。

あなたは権利収入の仕組みを構築してパブロになりたいですか?

それとも自分の時間を切り売りして収入を得るブルーノの方がいいでしょうか?


semina-2.jpg

この出会いがすばらしい機会になればいいですね!

人生を変える扉

  • ここで入力いただいた個人情報は、webセミナー参加目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をwebセミナー参加目的以外で利用することはありません。



a:865 t:1 y:1