ネットワークビジネスでワーキングプア脱出!

近年、労働者の所得格差やワーキングプアの問題が注目されています。

特に2008年秋に世界的な経済不況が起こってからは、非正規雇用で働く人たちの失業や住居の喪失がクローズアップされています。

ワーキングプアとは、貧困線以下で労働する人々のことを指し、「働く貧困層」とか「働く低所得層」と解釈されています。

これまで貧困はよく失業と関連づけられてきましたが、仕事があるにもかかわらず貧困から抜け出せない、新しいタイプの貧困として米国・カナダ、さらにイタリア・スペイン・アイルランドなどの先進国で見られるようになりました。

日本では国民貧困線が公式設定されていないため、「正社員並み、あるいは正社員としてフルタイムで働いてもギリギリの生活さえ維持が困難、もしくは生活保護の水準にも満たない収入しか得られない就労者層をワーキングプアと呼んでいることが多いようです。

また、日本では特に20代と50代のワーキングプアの数が増加傾向にあると言います。

全世界で年々増え続けていると言われているワーキングプアですが、いくら一生懸命働き続けていても現在の職業にとどまっている限り貧困層から抜け出せることはありません。

本来なら、政府が社会保障制度を通して救済すべきですが、財政破綻に瀕している現在の日本政府にそんな余力はありません。

ワーキングプア脱出法

ワーキングプアの状態から少しでも早く脱出するためには、発想の転換が必要なのです。

何よりも現在の収入を増やすこと、これに尽きます。

本格的にワーキングプア状態からの脱出を目指すなら、自らがスキルアップして転職するという選択肢もありますが、現在の経済状況では不可能に近いと言わざるを得ませんね。

特に中高年のサラリーマンやOL、そして派遣社員等にとっては、よほどの秀でた能力やスキルがない限りは、転職しても給料がアップすることはまずないでしょう。

ではどうすればいいのか?

他人に雇われている限りは、収入を増やせる見込みがないのであれば、独立起業するのが最も現実的です。

とは言っても、自営業者や経営者の経験が全くない会社員が、いきなり独立起業しても成功するわけはありません。

そこで、ある程度ノウハウを教えてもらえるフランチャイズ等に挑戦する元会社員が増えているのですが、これも成功するのはごくごく一部の人にすぎません。

フランチャイズで起業するとなると、初期投資額が半端でなく高額になりますので、最初は誰でも借金を背負ってマイナスからのスタートとなります。

フランチャイズで開業しても、簡単に成功できるほど甘いものではないのです。

独立起業ブームや、「フランチャイズなら成功は確実!」といった情報に踊らされて安易に開業すると、必ず後悔することになります。

フランチャイズの失敗率は90%とも言われています。

こんなにも多くの人が失敗して10年以内に廃業しているのが現実なのです。

起業するのなら、できる限りリスクを抑えて、低資本で起業すべきなのです。

ワーキングプアからの脱出を焦るあまり、大きな賭けに出たくなる気持ちは分かりますが、多額の借金を抱えて失敗してしまえば、貧困層どころか破産者となってしまうのです。

ネットワークビジネスがワーキングプアを救う

リスクを抑えて、しかも低資本で起業できるビジネスと言えば、多くの人はアフィリエイト情報起業といったネットビジネスを思い浮かべるかもしれません。

しかし、これらのネットビジネで稼いでいくのは並大抵の努力では無理です。

10年以上前のブームの頃なら、参入すれば誰でも稼げたといった時代もありましたが、現在のネットビジネスの世界は競争が激化して飽和状態です。

しかも、ある程度成功したとしても、その収入を維持していくのはさらに難易度が増します。

これはアフィリエイトや情報起業の収入が労働収入であり、継続収入を得られるビジネスモデルではないからです。

継続して安定的に収入を得ていくためには、労働収入ではなく権利収入を得られるビジネスモデルでなくてはなりません。

権利収入を得られるビジネスモデルと聞いて真っ先に思い浮かぶのがネットワークビジネスですよね。

しかも、インターネットで集客するネットワークビジネスなら、完全在宅で、副業として始めることもできます。

なぜネットワークビジネスなのか?

ネットワークビジネスは、現在どんな状況で生活していたとしても、特別なスキルや学歴、職歴なども一切関係なく始められるビジネスであること。

現在の仕事を辞めることなく副業として始められること。

権利収入型のビジネスのために定年間近な中高年にも取り組めること。

低資本・低リスクで始められること。

等々といった理由があります。

なぜインターネットなのか?

インターネットの世界は、誰にとっても平等にチャンスが与えられること。

現在の年収、職歴、性別、生活環境、一切関係なく、誰にとっても対等な条件で、年齢に関わりなく始められること。

ネットワークビジネスは、口コミによる組織作りを基本としますが、インターネットを駆使すれば、口下手な人、営業力のない人、セールスの苦手な人、人脈のない人、時間が取れない人でも取り組むことができること。

等々の理由で、ネットワークビジネスの集客には、インターネットを用いた方が効率的にできるのです。

日本のインターネットの普及率は現在80%を超えています。

ワーキングプアであってもパソコンは持っているという時代なのです。

ならばワーキングプア脱出のために、インターネットを最大限に活用してみるべきではないでしょうか。



semina-2.jpg

この出会いがすばらしい機会になればいいですね!

人生を変える扉

  • ここで入力いただいた個人情報は、webセミナー参加目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をwebセミナー参加目的以外で利用することはありません。



a:419 t:1 y:2