ダウンライン何人で経済的自由?

ネットワークビジネス成功して経済的自由を手に入れるためには、いくらの収入が必要でしょうか?

経済的自由とは、自分が働かなくても生活していける状態のこと。

ネットワークビジネスを志す人なら誰しも読んだことがあると思いますが、ロバート・キヨサキ氏が書いた「金持ち父さん貧乏父さん」の中に、この経済的自由という概念が出てきます。

ロバート・キヨサキ氏によると、経済的自由とは、「仕事をしなくても生活していける状態」と定義されています。

そして、ロバート・キヨサキ氏の著書には、不労所得という概念も出てきます。

不労所得とは、「自分が働かなくても入ってくる収入」という意味です。

ですので、経済的自由を得るためには不労所得を得られる仕組み作りが不可欠なのです。

ネットワークビジネスは、起業当初は組織を構築するために相応の努力が必要ですが、ある程度の組織を構築してしまうと、その収入権利収入となります。

権利収入とはつまり、ほぼ不労所得と言ってもいいでしょう。

この権利収入不労所得がいくらあったら経済的自由を達成したことになるのでしょうか?

これは個人個人の状況やライフスタイルによって千差万別だとは思いますが、一般的な定義としては月収100万円程度が目安となります。

月収20万円とか30万円では、生活費の足しには十分になりますがまだまだ経済的自由には程遠いでしょう。

月収50万円、60万円になれば、会社を退職することを考えてもいい段階ですが、経済的自由とまで言えるかどうかは微妙です。

人生を謳歌し、物心両面で豊かになるには、やはり最低月収100万円は欲しい所ですね。

ネットワークビジネスで月収100万円

ネットワークビジネスは自分を始点にして製品の流通組織を作り、製品を流通させることで収入を得ることができます。

ネットワークビジネスの収入は、その組織の大きさと、扱う製品の価格や流通量によって違ってくるので、一概に何人ダウンラインがいれば収入がいくらになるとは言えません。

しかし一般的な例として、計算しやすいように1人の購入を同額にして計算し、収入シミュレーションを作ることはできます。

シミュレーションですので、多少の誤差はありますがネットワークビジネスの収入の大まかなイメージはつかめると思います。

ただしこれは参加したディストリビューターが全員辞めずに購入を続けていると仮定しての計算なので、実際の収入が同じようにいくとは限りません。

それに、報酬は人数で計算されるのでなく、流通金額から算出されるため必ずしも、人数が多いグループを持っている方が、収入が多くなるとも限りません。

かなり大雑把な計算になりますが、月収100万円を達成するためには、自分を起点とする組織が780人程度必要でしょう。

780人の組織を1年で築き上げるのは、不可能ではありませんが誰でもできることではありません。

月収100万円を達成するためには、ネットワークビジネスに限らず、どんなビジネスであってもそれなりの覚悟と行動が必要です。

しかし、ネットワークビジネスのビジネスモデルは、

「努力した結果が蓄積されていく」

という特徴があります。

つまり、才能やスキルのない普通の人でも、努力を継続することができれば月収100万円も達成可能ということです。

1年で月収100万円を達成するのは難しくても、4年、5年と継続すれば、成功確率は格段に上がるということです。

「780人の組織を作るなんてとても無理!」

と思われるかもしれませんが、自分一人で780人を勧誘するわけではありません。

と言うより、インターネットで集客するネットワークビジネスなら、勧誘などする必要はありません。

あなたのサイトを見て、見込み客の方からネットワークビジネスの話を聞きたいと言ってくるわけですから。

そうやって来られた見込み客に情報を提供して、納得していただいたらビジネスに参加していただく。

「自分には合わない」と思ったら去っていく。

ただそれだけのことです。

2×2=6

この方法で、あなたが2人をスポンサーし、その2人がそれぞれ2人をスポンサーしたとしましょう。

その場合、実は2×2=4ではありません。

なぜならすでにあなたがスポンサーした2人がいるわけですから2×2=6になっているのです。

同じようにあなたが5人をスポンサーして、みんながそれぞれ5人ずつスポンサーできたとしましょう。

  • 1段目には5人
  • 2段目には25人
  • 3段目には125人
  • 4段目には625人

合計780人となります。

1人がそれぞれ5名ずつスポンサーするだけでいいのです。

中には、5人もスポンサーできない人もいるでしょう。

反対に、10人、20人とスポンサーする人もいるでしょう。

しかし実際には6人以上を考える必要はありません。

やる気があるメンバーを5名集めることができたら、あとは同じことの繰り返しです。

ダウンラインにスポンサーする方法を教えていき、その教え方を教えていくのです。

ですので、あなたが直接相手をするのは、フロントライン(直下のダウンライン)の5人だけでいいのです。

そう考えたら、780人と言っても、それほど大変な数字ではありませんよね。

まずは、あなた自身が、真剣にビジネスをやる気のある5人のメンバーを集めてください。

そして、その5人がしっかりと5人ずつスポンサーできるように教育していくだけです。

ネットワークビジネスは1週間とか1か月といった短期間で稼げるビジネスではありませんが、真剣にビジネスに取り組む5人のメンバーを組織に迎えることができて、しっかりと教育していけば、将来的には大きな権利収入を得る仕組みを構築できるのです。

ネットワークビジネスの権利収入で経済的自由を手に入れたいのなら目先の収入だけに右往左往することなく、5年後、10年後の権利収入を見据えてじっくりと取り組みましょう。


semina-2.jpg

この出会いがすばらしい機会になればいいですね!

人生を変える扉

  • ここで入力いただいた個人情報は、webセミナー参加目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をwebセミナー参加目的以外で利用することはありません。



a:1277 t:1 y:0